サイトマップ お問合せ
商品情報 店舗案内 プロジェクト 会社案内 採用情報
  HOME会社案内TOP>福島屋の取り組み
▼ビジョン
企業理念
福島屋の取り組み
▼アウトライン
会社概要
沿革
▼プロジェクトチーム
組織
メール会員登録
 

福島屋の取り組み

オープンなビジネスで環境や人と人とのつながりを、よりよいものに。

これだけ商品が溢れている世の中ですが、生産者と消費者の壁は以外に厚いのです。生産者は商品に付加価値をつけますが、消費者の中には「そんなことより、もっと新鮮で美味しいものが食べたい。」という声もあります。こういった感覚のズレは多くの不利益を生み、資源のムダ使いにもなり兼ねません。これを防ぐには私たち小売り、生産者、卸、消費者各位がひとつのビジョンを共有し、オープンにビジネスを展開することが必要です。

福島屋では、流通過程の時間とコストを省き、さらに消費者からの評判や要望等を生産者へフィードバックするシステムを模索してきました。

そして生まれたのが全国農産物直売所(NAFF)です。
食文化における「つくる人」と「たべる人」を直接つなぐ売買・交流の場がここに産まれました。

さらに全国農産物直売所ではビニール袋を廃止、ショッピングバッグでのお買い物を呼びかけました。環境保護のための地道な一歩です。初めのうちは苦情が出るだろうなぁと構えていたんですが、以外なものです。意識の高い消費者の方々のおかげで、すぐに定着しました。時には大きなカボチャをそのまま抱えて帰る方もいます。ちょっとかわいそうかなと思う反面、私たちの商売にそれほど理解を示してくれていることに感激してしまいます。

 

羽村にお住まいの方はもう見慣れた風景だと思います。駅から真っすぐに進んでいくと、花に囲まれた建物が目に飛込んでくるはず。「ザインフラワー」と「ピッツェリア ZONAVOCE」がとなり同士で建っているのですが、これがとっても好評なんです。ランチタイムにはたくさんの方々がこの広い庭と花畑を、食事と一緒に楽しんでいます。
レストランからだけでなく、街の雰囲気も素敵になりました。「心地よい生活」は、町並みからもつくることができるはず。これも私たちが取り組んでいるもののひとつです。

レストランのご案内
花卉(園芸・生花)販売店のご案内

社員採用情報
ページTOP▲
Copyright © 2005 FUKUSHIMAYA All rights reserved.